アプリ ひまトークを使ってみた感想だよ!!

社会人となり全く女性との出会いがない仕事についてしまいました。そのため彼女を作りたいといろいろとネットなどで検索してみるも、全てお金がかかる有料のサイトばかりでした。ある時、アプリを見ているとすべての機能が無料というひまトークというアプリを発見しました。しかし、完全無料なのでそれなりにサクラなどの業者が入ってきているだろうと考えていました。このアプリではラインのIDを登録しておき、そこから検索するという形でした。はじめのうちは何回もラインでメッセージを送るも返事がなく、既読すらつけてくれないという状態でした。その状態が一ヶ月ほど続きました。あきらめかけてしょせん無料だし、どうでもいいと思っていると数件送った人の中から二人ほどが返事をしてくれました。その人たちに返信が遅れた理由を聞くと、登録したまま放置してしまったとのことでした。女性に限らず男性でも、登録したまま使用しなくなってしまった人達が多いようです。
掲示板でラインを交換した人と実際にいい感じで話が進んでいき、最終的にはあってみるという事になり待ち合わせをしました。本当に来るのかどうかなど心配な部分もありました。そして約束の時間になり、待ち合わせの場所にはやり取りをしていた女性が現れました。その女生とはそのあとで食事などに行きびっくりしたことに付き合い始めることが出来ました。

 

本当に奇跡のようなものでした。
いろいろ体験談を見ていくと、私が使っていたアプリで実際に出会えた人は少ないようでした。半分以上の人が連絡をしても連絡が返ってこないなどという事を理由にあきらめてしまっているとのことでした。もし本当に出会いを求めている方であればこのアプリよりも、他の婚活、恋活アプリを使用されるほうがいいのかもしれません。じっくり待っても大丈夫という方はこちらでいいのかもしれませんが。”

「TVer」で見逃したテレビ番組がいつでも見られる!

民法公式テレビポータル「TVer」はとても便利なアプリなのでおすすめです。

テレビなどでも宣伝しているので、耳にしたことがある方も多いのでではないでしょうか。

「TVer」は見逃してしまったテレビ番組を無料で視聴することができるアプリです。仕事や用事などで帰宅が遅くなってしまった場合、いつも家で見ているテレビ番組を見逃してしまうこともありますよね。そんなときは「TVer」で番組放送日から1週間以内であれば無料でテレビ番組を見ることが出来ます。特にドラマは1話見逃してしまうと、次からストーリーが分からなくなってしまうこともありますよね。翌週の放送日までに「TVer」から番組を見ておけば、ドラマのストーリーに穴があくこともありません。

「TVer」はパソコンからはもちろんのこと、スマホなどのタブレット端末からでも視聴することが出来ます。スマホからであれば休日や夜寝る前に横になって見ることも出来ますし、通勤通学の時間を利用して電車でイヤホンをして視聴することも出来るので便利ですよね。

無料のアプリというと、動画が途中で止まってしまったり画質が荒かったりということを想像する人もいるかと思いますが、「TVer」はそんなことありません。動画が途中で止まってしまうということもめったにありませんし、画質もきれいでとても見やすいです。ただし、タブレット端末から視聴する場合、Wi-Fi環境が整っている場所で視聴することをおすすめします。タブレット端末独自の回線でも視聴することは出来るのですが、見すぎてしまうと月末に通信制限がかかってしまうことがあるので要注意です。

「TVer」は、見逃してしまったテレビ番組をパソコンでもスマホなどのタブレット端末からでも視聴することが出来る非常に便利なアプリです。見逃した番組は放送後1週間まで無料で見ることが出来ますし、アプリのインストール自体も無料なので、ぜひ「TVer」をインストールしてみることをおすすめします。

思い出の写真たちと動画を組み合わせて思い出の1枚が作れる!

写真編集アプリの中でも最も優れていると思うのが「picplaypost」です。

普通の写真編集アプリと違うところは、写真を数枚組み合わせるアプリは多数ありますよね。その機能に追加してなんと動画を組み合わせることができるのです。SNSで写真を投稿する際、何枚も何枚も投稿するのは面倒だし、見る人のことを考えても気が引けますよね。そこで写真を組み合わせて1枚にしてUPするという人も大勢いてます。

しかし、どうしても動画を乗せたいときもあります。動画だけを乗せるっていうのも抵抗がある場合があります。または思い出の写真たちの中に動画を入れて感動的な1枚を作りたいと思っている人も。動画を入れるだけで当時何があったか鮮明に残すことができます。そこでこのアプリなのですが、これは簡単に動画を挿入できます。すきなフレームを選び写真を何枚組み合わせるかを考えます。そしてその中のどこかにすきな動画を挿入するだけというすごく簡単な操作で出来上がります。

普通こういったアプリはやり方が難しくてすぐにフリーズしたりして使えない場合も多いですよね。でもこのアプリは時間がなくてもぱぱっとできるくらいに簡単で、重たくないのでスムーズ。自分お好きなデザインを選ぶことだってできます。

気になるのは音声ですが、しっかりと鳴ります。組み合わせた写真の中で動画の部分だけが動いて見えているというなんとも画期的なもの。見る者を魅了します。SNSでも画像だけでは目に留まらないのに、動画を組み合わせることでその場に居なくて想像できるような世界観。こんな素晴らしいアプリはないです。

誰かに送るときも、好きな人との思い出を共有したいときも、誕生日のプレゼントにだって使えるもらってうれしい写真を作ることができるこのアプリ。無料で出来るっている部分が最高にいいですよね。

フェイスチェンジャー2は写メを完璧な自分に加工できます

写真加工が出来るアプリは色々ありますが、私がお勧めしたいのは「フェイスチェンジャー2」です。

よくあるような友人と顔交換の加工も出来ますが、このアプリのスゴイところは、目や鼻などの各パーツを全く別人のものに加工できるのです。

外国人のような高い鼻や、青い瞳の目、リップグロスで艶っぽい唇などのパーツが、とてもリアルに出来ていて、自分の顔に加工しても全く違和感がありません。
何十種類ものパーツから選ぶことが出来るので、飽きたら新しくダウンロードすればいくらでも再加工できます。

毎週のように新しいパーツが無料でダウンロード出来るし、どの機能も無料で使えるのが嬉しいところです。

髪型や髭もリアルに出来ていて、普段の写メに少し加工するだけでも、全く印象が変わるのでとても便利な加工アプリです。

背景を変えたり、切り取って別の写メに貼り付けるなどの加工も出来ますし、スケッチや手書き風の文字フォントを入力することも可能です。

このアプリひとつあれば、写メ加工の基本的な機能とリアルなパーツアイテムを使った、個性的な1枚を作ることが出来ます。
ところどころ日本語ではなく英語の説明が出てきますが、写真を見れば利用方法は分かるようになっているので誰でも使えます。
これまでの写メ加工アプリは、いかにもスタンプという感じのパーツ交換しか出来ませんでしたが、フェイスチェンジャー2は、加工と合成がよりリアルなものになるのです。

作成した写メを合成してコラージュすることも出来るし、ビデオコラージュとして動画作成が自動で簡単に出来ますから、インスタグラムに投稿する時に便利です。
細かな顔のパーツから、帽子やメガネなどのアイテムが全て揃っていますから、同じ写メを使って何十種類もの自分を創り上げることが出来ます。
理想に近い完璧な自分に加工できるので、アプリ選びに迷っているならフェイスチェンジャー2を使ってみることをお勧めします。

Shazamというアプリです

音楽を聴くこと好きな人ってかなり多いと思います。現在、大学生なのですが約3割くらいはよく教室にイヤホンを耳に毎日つけて登校します。自分もその内の1人です。

いまはスマートフォンが発明されて世界中で広がり、エンジニアの方々の手によりMP3やSpotifyなどなどの無料で簡単に好きな音楽や聴きたい音楽をダウンロードしていつでもどこでも聴ける時代になりました。曲数もアイポッドなんてもはや必要なくなったんじゃないかってくらい簡単で効率的です。そんな音楽がこれまで以上に自分たちのすぐそばにあり必須のものとなりましたが、まだまだ非効率で不便なこともあります。

例えばこんな体験いままでなかったですか?
テレビのCMで聴いたことある曲が流れて、「これなんの曲だっけ?」とか、コンビニで自分が昔好きだった歌が流れていたんだけど、その名前が出てこないなどなど。

そんなときの歯がゆさって誰もがありますよね。

Shazamはそんな時に有用なアプリです。

記憶にあるけど思い出せない曲がもし流れたとして、思い出せない場合にShazamを使うと自動的にアルゴリズムでその曲を教えてくれます。やり方は簡単。ただアプリを立ち上げて、ワンプッシュ。そして曲が流れる音源にスマホを近づけるだけ。

もちろん囁きくらいの些細な音の場合は読み取れないそともありますがそれ以外は有能に機能してくれます。

自分がこのアプリの存在を知ったのは、テラスハウスを見ていた時にめちゃくちゃ好きな曲が流れていてなんの曲か知りたくてユーチューブを使って探していた時でした。過去のテラスハウスを引っ張ってきて、その曲名を知りたくて、提供者に質問していたのですが、返信してくれなかったり。。たまにコメント欄に載っていたりはするのですがそんな事は稀で。それでピッタリのアプリをようやく見つけた訳です。そんな経緯もあり苦労して探し当てました。今では絶えず使っています。