漢字検定トレーニング

携帯電話の普及で文字を書かなくなりましたよね。
私もガラケーからスマホへと移りましたが自分でペンをとって書くということがほとんどなくなりました。なんでもメールで済ませられるし、ちょつとしたスケジュールやメモも携帯で管理していると手書きで書くことって本当に少ないです。
唯一書いているのは会社の書類ですが決まった事しか書きません。

当然字を忘れるわけです。

ふと、書く必要があって書こうとしても簡単な漢字が出てきません。
昔はペンダコがあったのに今は無くなってしまうくらい書いてないんだから当たり前なんですが。

でも、簡単な漢字が出てこないというのは結構ショックですよ。このままボケてしまいそうで。そこでなんとかしようとこのアプリを入れてみました。
「読み」は結構皆さん出来るのでは?
このアプリの良い所は「書き」の練習が出来るところです。
漢字検定に沿って6級から2級まであります。6級は小学校5年生レベル、2級は高校卒業レベルです。「読み」もやってみましたがサクサク出来るのでおいといて、「書き」のほうですね。私はもう3級レベルでつまずいています。

どうやって検定するかというと「○道」(えんどう)と出たら○にあたる漢字をスマホの画面に手で書くのです。手で書いたところは黒い線で表されます。そうすると機械が正解かどうかを判定してくれるというわけです。

この場合は正解は「沿」ですね。「沿道で応援する」などの「沿」です。
もし分からなければ「答え」というところを押すと灰色がかった文字が出るのでそこを自分でなぞって練習することが出来ます。
書き順も振られているので便利です。

なぞったところは黒くなります。
漢字忘れたなあと思った時にちょこちょこやって少しでも取り戻そうと思いますね。

やはり手で書けるというところが良くて自分の手で書くと字を覚えると思います。
検定の一回が短時間で終われるのですき間時間にちょこっとやるだけでもだいぶ違うと思います。